スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 blogram投票ボタン  ランキングです。ポチっとお願いします

立山アルペン雪の大谷 みくりが池

2013.5.17.9:00

室堂駅と立山ホテルは同じ建物で

バスを降りて外を歩くことなくホテルのロビーへ

チェックアウトの時間なのでロビー内は人がたくさんいました

まだ9時だというのに、早くもチックイン

もちろんお部屋には入れません

大きなリュックを預けて、探索です。

201305170903002 (640x480)

ホテルの裏です

写真奥は富山の市街地です

今は雲の下です

雲海が

201305170905002 (640x480)

ここにはみくりが池があります

1時間ぐらいで1周できるみたいですが

今は雪があるので道はありません

6月中旬ぐらいになると池も姿を現すそうです

とりあえずさきにあるみくりが温泉へ

道ははっきりわかりませんが

たくさんの人が通った後と棒を目印に歩きます

201305170914001 (640x480)

201305170930001 (640x480)

少しだけ池が見えます

201305170931001 (640x480)

15分程歩いたところにみくりが温泉があります

201305170933002 (640x480)

温泉の下の方には地獄谷

ここのテラスであんみつを食べて

まだ半分も来ていない

さあ、ここで同じ道を引き返すか

道なき道を進むかです

時間はたっぷりあるから進むことに

しばらくはもともとある遊歩道の石畳を歩くことが出来てらくだった

すると旦那が足を止めた

201305171005001 (640x480)

雷鳥がいた

201305171005005 (640x480)

こんなに簡単に見れいいの?

201305171007003 (640x480)

しかも逃げようとしないし・・・

201305171008005 (640x480)

毛づくろいまで・・・

201305171009001 (640x480)

しばらく目の前で雷鳥を見ていると

201305171010001 (640x480)

雷鳥の様子が変わった

201305171010002 (640x480)

スキーヤー出現です

以外にもここはスキーやスノボをする人がたくさん来ています

もちろんそういう施設やリフトはありません

自力で登って滑っています

スキーヤーは雷鳥に見向きもせず行きます

雷鳥も慌てて逃げることなく移動するだけ

201305171010003 (640x480)

201305171011001 (640x480)

201305171013004 (640x480)

201305171014002 (640x480)

起きに見える建物がみくりが池温泉

左のブッシュが雷鳥のいるところ

その向こうが池です

201305171014001 (640x480)

もう少し進むと

また雷鳥に出会いました

201305171018001 (640x474)

今度はつがいです

201305171021001 (640x479)

201305171024001 (640x480)

201305171025005 (640x480)

201305171025006 (640x480)

ここには先客ですごい望遠のカメラを持った同じ年ぐらいの夫婦が陣取って

近くで写真が撮れませんでした・・・

ここまではわりと楽に来れました

半分以上来たことだしもう少しと、前に進みます

201305171038001 (640x479)

まだ足取りも軽やかです

201305171040001 (640x471)

でもこの辺は観光客はほとんど通らないのでしょう

スキーヤーが通った後ぐらいで

踏みどころが悪かったらズボッと深くはまってしまいます

うまく歩けてもよく滑ります

さすがのゴアテックの登山靴も冷たく感じます

201305171042001 (640x524)

建物が見えます

立山ホテルではありません

とりあえずこの坂を上がれば・・・

201305171043001 (640x415)

まだ立山ホテルはみえません

人もいなく、空は真っ青ですが

休憩しているととても寒いです

ダウンなども持ってきていたのですが

着替える気力もなくただただ早くホテルへ帰りたくて・・・

でもここで食べたおにぎりはおいしかったです

201305171044001 (640x480)

旦那がズボッとしたところです

私はスパッツをしていたので大丈夫でしたが

旦那は少しズボンを濡らしたようです

201305171054003 (640x480)

やっとホテルが見えてきました

池からはかなりそれてまだまだかかりそうです

まっすぐは行けそうにありません

遭難した気分でした

201305171100001 (640x473)

でも登りがなくて頑張れました

201305171106001 (640x478)

やっと到着です

2時間の探索でした

出発時と比べて人が増えています

この賑やかさが少しうれしかったです

ホテルのラウンジでご飯を食べていよいよ雪の大谷です

スポンサーサイト
 blogram投票ボタン  ランキングです。ポチっとお願いします

立山アルペン雪の大谷 出発編

3年ぐらい前から雪の大谷に行きたくて

4月の富士ウルトラの帰りにでもと考えてみたりしたけど

やっぱりついででは無理

旦那が今年も始まったでと言い出したので

思い切って計画を・・・

黒部、長野まで行くつもりはなく

室堂でゆっくり探索したくて、室堂にあるホテル立山にアクセス・・・

ほとんど埋まっており17日金曜日しかあいていなかったのでポチッ

もともと人ごみは嫌いなので土日は外すつもりだった


前日、10時過ぎに出発

仮眠をとりながらゆっくり行くのだ




室堂には車で行けない

立山の駅に車を置いて、ケーブル・バスを乗り継いで行く

10時ぐらいはツアーが到着するので混むらしい

ならば朝1番に着きたいと6時に到着予定


しかし出発してすぐにアクシデント

宝塚から中国道に乗り名神へ

なんと吹田~大津まで工事通行止め

下道を行こうか・・・いろいろ・・・

結局知らない道より

宝塚に戻り、舞鶴から若狭経由で行くことに

帰って調べたら吹田から近畿道で門真へ

門真から第二京阪、京滋バイパスで瀬田東で名神へ

413k  6時間46分

私たちの選んだ道は

422k  6時間45分

工事通行止めを把握し最初から舞鶴経由でいけばよかったということです

旦那様しっかりしてね

結局1時間のロス

旦那は少し焦っていたみたいだけどね・・・

舞鶴を過ぎると原発通りかというぐらい聞いた名前が出てきた

真っ暗なので様子がわからないけど・・・

2か所軽く仮眠をとって7時ぐらいに立山駅に到着

駐車場はガラガラにホッ

ケーブルの駅もガラガラ

発射までしばらく時間がある

各所のライブカメラのモニターがある


美女平駅(バスに乗り換え)は雲の中

室堂は晴れている

週間予報では傘マークも出たりしていたので心配だった

発車時間前になるとあっちこっちから人が集まってきたが

慌てて席取りをするほどでもなく簡単に座れた

あとから山で働く人たちが乗ってきたので軽くいっぱいで出発

201305170750001 (640x480)

ケーブルとバスの乗り換えは中でつながっている

時間があるので外へ

多い日はここにもバスが並ぶのかなって感じ

201305170750002 (640x480)

振り返ると雲の中でした・・・

8:20のバスだったけど

急に臨時便が出ることになって8時に出発

立山の駅が混みだしたのかな・・・

バスは全席指定、ガラガラで出発

次のケーブルのお客さん待っていたらこうはいかなかったかも

しばらくブナ林だけど雲の中で・・・雪の中で・・・

いくつか見どころがあったけどスルーです

かなりあがってくると明るくなって真っ青な空

201305170826001 (640x480)

そして雪の壁も・・・

201305170845001 (640x480)

高くなっていく・・・

201305170845004 (640x480)

富士山で雲を抜けると真っ青だったを経験していましたから

信じていました



 blogram投票ボタン  ランキングです。ポチっとお願いします

立山アルペン雪の大谷 

5月17日に立山アルペン雪の大谷に行ってきました

写真を整理するのに時間がかかって・・・

衣替えなんかもしてたりして・・・

気が付けばスポンサーに乗っ取られてました

201305171147002 (640x480)

マラソン以外で行く観光旅行は久しぶりです

天気にも恵まれ最高の立山でした

黒部には行きませんでした

丸1日立山室堂で過ごしました

記事はいつも通りです

ボチボチと・・・
 blogram投票ボタン  ランキングです。ポチっとお願いします
Welcome to my blog
プロフィール

tenko

Author:tenko

コメントありがとうございます
お天気
リンク (よく、おじゃましてます)
最新記事
テーマ別記事
2008年10月に開設しました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。